遺品整理をプロに依頼する~葬儀サポートガイド~

会場

お葬式の種類

合掌

小さなお葬式

東京では簡略化したお葬式が一般的に普及しています。「家族葬」や「ファミリー葬」も東京で人気の葬儀です。家族葬は従来の仏式葬儀と基本は変わりませんが、参加者の人数を少なくして小規模で行うお葬式のことです。自宅か斎場を会場にして行い、斎場の場合でも少ない人数しか参列しないので小さなホールを貸し切って行います。また、「火葬式」「直葬」などの火葬のみのスタイルも東京で人気があります。火葬だけ行えばいいので、最低限火葬費用だけで出来ます。家族葬よりも予算を節約できて、時間もかからない現代人向けのお葬式です。家族葬や火葬式などのお金がかからない小さなお葬式は、今後東京だけではなく全国各地に浸透していくものと予測されます。

宗教別の基本スタイル

お葬式は「仏式」「神式」「キリスト教式」などの宗教によって、まったく基本スタイルが異なります。日本で昔から行われている仏式葬儀は、「お焼香」や僧侶による「読経」がメインとなります。神式はお焼香はなく「玉串奉奠」があります。榊や杉などの枝をもって祭壇に捧げ、拝礼する儀式です。キリスト教式の葬儀では白いユリの花などの「献花」があります。「カトリック」では神父が、「プロテスタント」では牧師が教会でミサや聖書の朗読などを行い、参列者による讃美歌の斉唱などがあります。本来キリスト教の葬儀では「通夜」というのはありませんが、日本では仏式葬儀のお通夜の習慣に合わせて「前夜式」「通夜の祈り」というのが行われる習慣があります。